Photoshopファイルは、LibreOffice Draw で開くとめちゃくちゃ早い

ブログ

Photoshopファイル(PSD)を、編集するわけではなくて内容だけ見たい場合、OS Xならクイックルックがありますが、Windowsの場合はわざわざ Photoshopで開くしかないと思っていました。

しかし、実はフリーのオフィスソフトである「LibreOffice」の「Draw」というソフトが、.psdファイルに対応しており、開くことができます。そして、これがめちゃくちゃ早い。

例えば、40MB強のファイルを Photoshopで開いた場合、プラグインの読み込みやらで 8秒ほど、その後起動した後もなにやらやっているようで操作できるまでには10秒程度かかりました。

しかし、LibreOffice Drawでは2秒。めちゃくちゃ早いです。プレビュー代わりに、ファイルの関連づけを設定しておいて、必要な時だけ Photoshopで開くなどとすると作業がはかどるかも知れません。

たにぐち まこと

『よくわかるPHPの教科書』や『マンガでマスター プログラミング教室』の著者。 ともすた合同会社で、プログラミング教育やこども向けの講座などを Udemyや YouTubeで展開しています。

Top