ちゃんとブログ。

たにぐち まこと 2022/09/18 00:52 ( 2022/09/11 18:48 )

「Xiaomi」と「Redmi」はそれほど大きな違いはなし?

Xiaomi(シャオミ)のスマホを購入しようとすると、いくつかのラインナップがある事が分かります。前は「Mi」というラインもあったようですが、2022年現在のラインナップとしては、次の通り。

  • POCOシリーズ
  • Xiaomiシリーズ(Mi)
  • Redmiシリーズ

この中で「POCO」というラインは、「POCO F4 GT」からスタートした超ハイエンドライン。ゲーミングスマホと呼ばれるハイパフォーマンスの代わりに、Xiaomiの端末といえども7円台という高級ラインです。

Redmiは本来は廉価版?

では、XiaomiシリーズとRedmiシリーズはどう違うのかと言えば、本来は「Readmi」シリーズは「Xiaomi」シリーズの廉価版という位置付けのようです。

例えば、Xiaomiシリーズの最高級機種である「Xiaomi 11T Pro」が 69,800円なのに対して、Readmiには1万円台の端末などもあります。格安スマホの位置付けですね。

ただ、Redmiシリーズでも最新の「Redmi Note 11 Pro 5G」では、5G通信にも対応した120Hzリフレッシュレート、1億8000万画素カメラなどを搭載して 44,800円で決して廉価版とは言えない性能を持っています。

実は、Xiaomiシリーズにはよりハイエンドな「Xiaomi MIX Fold 2」といった最高級ラインも用意されているのですが、記事執筆時点では日本では展開されておらず、日本で展開されている最高級機種が 11T Proであるため、Redmiシリーズとあまり差がなくなってしまっているようです。

買いやすい金額なのはありがたいですが、Xiaomiの端末は個人的に非常に好きなので、もっとさまざまな端末が出てくれるとよいなと思います。